Latest Posts

立札をつける

2017.08.12
/ / /
Comments Closed

ビジネス関係で胡蝶蘭をお祝いとして贈る場合、立て札を付けるのがマナーです。立て札には、贈り主の名前や会社名を記載し、お祝いの言葉を書きます。会社設立の場合は、「祝御設立」や「祝御開業」としても良いでしょう。また、クリニックを開業するときなどは、「祝御開院」とするのも良いでしょう。

会社設立に胡蝶蘭を贈る場合、メッセージを添えると尚気持ちが伝わります。メッセージを書く場合は、受け取った方が不快な気持ちになることを書いてはいけないのはもちろん、縁起の良くない言葉や火事を想像させてしまうような単語も避けましょう。

会社設立のお祝いに胡蝶蘭を贈る方は多いですから、他の方よりも目立つものを贈りたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。胡蝶蘭を取り扱っているお店の中には、豪華な胡蝶蘭を用意しているところがあるのはもちろんですが、ラッピングに工夫があったり、大きな胡蝶蘭を用意していたりするところもありますので、探してみてはいかがでしょうか。

また、ホワイトの胡蝶蘭を贈る方が多いですが、ちょっと変わった胡蝶蘭を贈るのも良いかもしれません。ただし、あまりにもドギツイものを選ぶのはおすすめできませんので、注意してください。

会社設立に贈る

2017.08.08
/ / /
Comments Closed

会社の設立を祝い胡蝶蘭を贈る場合、相場は3万円~4万円くらいのものを選ぶのが良いかもしれません。あまりリーズナブルなものを選ぶと、他者から届いた胡蝶蘭と比較されてしまうこともあるからです。また、本数は3本、5本など奇数で贈るのが良いとされています。しかしながら、9本はだめです。理由は、この数字が苦をイメージさせるからです。同じように、4本も避けましょう。開業日が分かったら、開業日の3日から前日前くらいに届くように贈りましょう。あまり早く送ってしまうと、会社の準備の手を止めてしまうこともあるかもしれません。また、遅すぎるのもちょっと残念です。

胡蝶蘭に限ったことではありませんが、会社の設立などには、赤いものを贈るのはよくないとされています。理由は、赤いものが火事など火をイメージさせてしまったり、赤字を想像させてしまったりしてしまうからです。ホワイトの胡蝶蘭であっても、包装などに赤いものを使わないように注意しましょう。

胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」です。また、色によってもそれぞれ花言葉があります。ホワイトの胡蝶蘭の花言葉は、「清純」。ピンク色の胡蝶蘭には、「あなたを愛します」といった意味もあります。

お祝いに胡蝶蘭を

2017.08.03
/ / /
Comments Closed

お祝いにお花をプレゼントする方がたくさんいます。理由はいろいろあるかと思いますが、自分にとって特別な日に綺麗なお花をもらうとやはり嬉しく思うものです。また、ビジネスにおいても、いろいろなお付き合いの関係でお祝いに何か贈りたいと考えることもあるかと思います。その場合、胡蝶蘭を贈ってみるのもおすすめです。胡蝶蘭は他のお花とは異なり独特の存在感と貫禄がありますし、幸せや幸運をイメージさせる花言葉もあるので、こういったおめでたい場面にはぴったりなのです

また、他にもお祝いに胡蝶蘭をおすすめしたい理由はたくさんあります。胡蝶蘭は、長く咲くことができるお花です。場合によっては3か月咲き続けることもありますので、長く会社の中を明るくすることができるのです。また、香りも花粉もほとんどないことから、多くの方に抵抗なく喜ばれます。飲食店などであっても、香りも花粉の心配もありませんので安心。それに、あまり手をかけること必要もありませんので、育てるのが楽です。

胡蝶蘭をビジネスにおいてお祝いに贈る場合は、ある程度きっかりとした見栄えの良いものを選ぶのが良いでしょう。本数は、3本5本などもおすすめです。カラーもいろいろありますので好きなものを選んでください。よく選ばれているのは、ホワイトです。もちろん、この他のカラーを選んでも大丈夫です。

また、会社設立のお祝いの相場は、2~3万円くらいです。当サイトは、胡蝶蘭について紹介します。参考にしてみてください。